アニメ

<鬼滅の刃> 炭治郎の「全集中」など名セリフ一挙紹介

2021年5月1日

鬼滅の刃名言

6月に『劇場版 鬼滅の刃 無限列車編』のDVDの販売が決定し、アニメ第2期の放送も控えているアニメ鬼滅の刃。第1期を見ておさらいしながら心待ちにする方もいらっしゃるのではないでしょうか?

何度見てもおもしろく、感動するストーリーとともに登場キャラクター達の独特な言葉の言い回しや口癖もまた本アニメの魅力ですよね!そして何といっても技を繰り出すときのあの言葉

全集中! ○○の呼吸

それぞれのキャラクターの呼吸で、ごっこ遊びをするお子さまも多いかと思います。そこで今回は、主人公炭治郎の心に響く名セリフをご紹介!!純粋で真っ直ぐで誰よりも人想いな心優しき炭治郎にこれであなたもなれるかも?!プラス思考になれる言葉から、なぜ炭治郎がこんなにも親しまれるのかがわかるセリフまで一挙大公開です!

 

「鬼滅の刃」炭次郎の名セリフ

「全集中!!水の呼吸 壱の型 水面斬り!!」

水の呼吸
コミック1巻 (6話にあたるエピソード)アニメでは第4話~5話『最終選別』

修行を経て最終選別へと進む事を許された炭治郎が巨大な異形の鬼と出会います。修行を手助けしてくれた真菰や、錆兎の仇を取るべく強敵相手に見事に技を決める場面。「いけー!炭治郎!!」と誰もが手に汗握るところですよね!見事に異形の鬼を斬る姿は圧巻でした。

トレ子
全集中!といったらこの場面を真っ先に思い出すほど炭治郎のかっこよさが際立つ回でした。

 

鬼滅の刃名セリフ「勇気がもらえる言葉!」編

 

「頑張れ炭治郎頑張れ!!俺は今までよくやってきた!!俺はできる奴だ!!そして今日も!!これからも!!折れていても!!俺が挫けることは絶対に無い!!」

コミック3巻(25話にあたるエピソード)アニメ第11話~13話

 

鎹鴉から指令された場所で出会った元十二鬼月 響凱との戦いの場面。前戦で負傷している体にムチを打ち、立ち向かいますがあまりの強さに苦戦する炭治郎は絶体絶命の窮地に立たされます。だけどそこでも諦めないのが炭治郎!この言葉に勇気をもらい、頑張ろう!と思った方たくさんいらっしゃるのではないでしょうか?
自分を誉めること。認めること。渇をいれることの大切さを教わった回でもありましたね。

 

「強い者は弱い者を助け守る。そして弱い者は強くなり、また、自分より弱い者を助け守る。これが自然の摂理だ」

コミック17巻(148話のエピソード)アニメ未放送

 

無限城へと乗り込み、炭治郎はついに上弦の参・猗窩座と再会し激戦を繰り広げる場面。猗窩座のあまりの強さに圧倒する炭治郎ですがやはりここでも諦めません!そしてこの一言。鬼である猗窩座の心さえも変えてしまう炭治郎の優しく心に響く名言です。

 

「一番弱い人が 一番可能性を持ってるんだよ」

コミック20巻(172話のエピソード)アニメ未放送

 

上弦の壱・黒死牟との戦いで体がちぎれ絶体絶命のピンチに陥った玄弥。強く立ち向かい戦っている仲間を見て、自分も!と思うのに思うように体が動きません。自分の弱さに打ちのめされそうになっていた時、炭治郎に言われた言葉を思い出す場面で出てきましたよね。思わず目に涙が溜まってしまうほど心に響く言葉でした。

 

鬼滅の刃名セリフ「炭治郎モテるだろうよ」編

 

「頑張れ!!人は心が原動力だから 心はいくらでも強くなれる!!」

 

コミック7巻(53話のエピソード)アニメ第24話

 

蝶屋敷で治療、修行をし炭治郎達は屋敷を後にすることに。機能回復訓練で相手をしてくれたカナヲに挨拶をしに行く。自分の意志がなく、カナエ(しのぶの姉)からもらったコインで全ての物事を決めていたカナヲ。「表が出たらカナヲは心のままに生きる。」 とカナヲから借りたコインを投げます。表が出た事を無邪気に喜ぶ炭治郎。その時に出た言葉ですね。こちらは筆者が一番大好きなほんわかシーンであります。しかも手を握りながら。そしてこの距離。惚れてまうやろー!!と叫んだ方多数のはず。

こんな事をさらっと言えてしまう炭治郎よ。君絶体モテるよね?

 

炭治郎の正義感と、家族を傷つけられた怒りから放った名言!

 

コミック4巻(45話のエピソード)アニメ第23話

 

鬼を連れた鬼殺隊は隊律違反なのでは?と『柱合会議』へと駆り出される炭治郎と禰豆子。親方様と柱たちが集まる中、鬼は人を喰うという証明として風柱・不死川実弥は、鬼の禰豆子に自身を襲わせるところを見せようと自らの血を与え、容赦なく刺してしまう。禰豆子は人を喰わないと訴えるが聞く耳を持たない。その時に放たれた言葉ですね。相手が柱であろうと妹をひどい目に合わせた怒りとその正義感の強さから立ち向かう真っ直ぐな炭治郎の怒りが爆発したシーンは誰もが息をのんだはずです。

義勇さんの心をも溶かしてしまう炭治郎の名言

コミック15巻(130話のエピソード)アニメ未放送

 

下の階級のものたちが、それぞれの柱を回り、稽古をつけてもらえるという『柱稽古』に長らく参加を拒否している水柱・富岡義勇。親方さまの頼みで義勇のもとを訪ねた炭治郎に義勇は自身は柱ではない。最終選別を突破していないと言います。最初に出会った鬼との戦いによって負傷し、同じ門弟であり親友の錆兎に助けられ、気がついたときには最終選別は終わっていたのだと。そして錆兎が自分だけでなくほかの参加者のことも助けながら一人で殆どの鬼を倒したこと、手鬼の手によって帰らぬ人となってしまったこと…を知る。

"何もしていないのに合格して鬼殺隊に入隊した"ことへの激しい後ろめたさから柱を担う資格がない。自分の居場所など鬼殺隊にははい。と訴える義勇。今までほかの柱と距離を置いていた義勇の隠された心の内を聞いた炭治郎が言った言葉ですね。長くなってしまいましたがこのシーンに心打たれ、義勇さん…そうだったのか…と涙した方もいらっしゃいますよね。筆者もその一人です。

これまたピュアな心優しい炭治郎のこの一言は、義勇の心を溶かし変えていきます。このあとの義勇さんの行動や表情に注目してみてください。とても感動します。

どこまでも優しい炭治郎の性格がわかる名言

 

 

コミック1巻(6話のエピソード)アニメ第5話

 

先程全集中!の名言でご紹介した、最終選別での異形の鬼を倒した場面ですね。大切な仲間を殺され、たくさんの人間を喰ってきた鬼にも関わらず、慈悲をかけます。悲しい過去があり、鬼になってしまったことを悟り、鬼にさえも優しい炭治郎の果てしない心の深さがわかりますね。

 

那田蜘蛛山編コミック(28話~44話のエピソード)アニメ第15話~21話

 

神回と話題の那田蜘蛛山編の最後、義勇が駆けつけ、下弦の伍・累を倒した後首を斬られ体が消え、残された累の衣服の上に立つ義勇に言った一言です。塁にもまた悲しい過去があり、必要以上に"家族の絆"にこだわる理由がわかった回でもありましたよね。

ここでも炭治郎はやはり自身も大変なけがをし、禰豆子をひどい目に合わされたにも関わらず、自分と同じ人間だったんだ。と言います。優しさという言葉だけでは片付けられない炭治郎の懐の広さに改めて感心し、尊敬した言葉でした。那田蜘蛛山編はこれで映画にできるのでは?と思うほど登場キャラクターの個性や強さ、名言もたくさん飛び出しましたよね!ちび禰豆子のかわいさに癒された回でもありました。

炭次郎の名セリフをみんなはどう感じている?

 

もっともっと名言はたくさんあるのですが厳選に厳選を重ねてご紹介させていただきました。みなさんはどんな言葉が心に残っているのかリサーチしてみました。

わかります…心に響きますよね。

 

見習いたい漢…まさにそうですよね。窮地に立たされた時にこういう言葉を自分にかけられるってなかなかできないけど是非見習いたい名言です。

 

炭治郎名言日めくりカレンダー…ぜ、ぜ、ぜひ公式さま作成、販売をお願いいたします!!!

ほかキャラクターの名言もたくさんありますよね!
ストーリーだけでなく楽しめる要素が満載なところが魅力的ですよね。

みなさんそれぞれ心に響く名言が違ったり、これこれ!!と共感するものまで、炭治郎の名言がいかにたくさんの人を感動させ、ほんわかさせているのかが分かりました。

こちらもCHECK

炭治郎の全集中・水の呼吸のセリフややり方を一挙公開!これであなたもなりきり鬼滅!
炭治郎の全集中・水の呼吸のセリフややり方を一挙公開!これであなたもなりきり鬼滅!

今年2021年冬に、劇場版無限列車の続編である、遊郭編の放送を控えている鬼滅の刃。 “鬼殺隊に入りたい!”と将来の夢に掲げる子が多くいる事をご存知ですか? その要因の一つとして上げられるのが、主人公・ ...

続きを見る

こちらもCHECK

204話に隠された怖い話とは?
【鬼滅の刃 都市伝説】扉絵の伏線を解説!204話に隠された怖い話とは?

劇場版無限列車編のテレビ放送が実現、12月には遊郭編のアニメ放送開始と、更なる旋風を巻き起こす事確実の鬼滅の刃。 実は、以前からファンの方を初め、多くの人々にまことしやかに囁かれている話があるのです。 ...

続きを見る

まとめ

今回は、炭治郎の名言をご紹介させていただきました。溢れ出る炭治郎の決意の強さや覚悟、それでいてほんわかするような純粋無垢な炭治郎だからこその名言まで、まだまだたくさんの名言や、炭治郎だけでなく他キャラクターの名言もとても素敵なので、第二期放送前の今だからこそ!是非チェックしてみてくださいね。そして公式さま。是非『名言日めくりカレンダー』をよろしくお願いいたします。

こちらの記事もおすすめ!

-アニメ

© 2022 TREND NOTE Powered by AFFINGER5