アニメ

【鬼滅の刃 都市伝説】扉絵の伏線を解説!204話に隠された怖い話とは?

204話に隠された怖い話とは?

劇場版無限列車編のテレビ放送が実現、12月には遊郭編のアニメ放送開始と、更なる旋風を巻き起こす事確実の鬼滅の刃。

実は、以前からファンの方を初め、多くの人々にまことしやかに囁かれている話があるのです。

それはコミックの扉絵に隠されている模様。

そこで、扉絵の伏線を徹底調査!

204話に隠された怖い話って!?

気になる事だらけの噂の真相を知るべく、分かりやすくご紹介していきます。

【鬼滅の刃 都市伝説】扉絵の伏線とは?

そもそも、扉絵とは話ごとの表紙のようなものを言いますが、どんな伏線が貼られているのか非常に気になりますよね。

伏線が貼られている扉絵には、それぞれに謎が隠されていると囁かれています。

実態を知るべく詳細を調査していきましょう。

【第45話】柱の生死を予告している?

45話のこちらの扉絵。
9人の柱が外を向いて円を囲ってるような構成ですが、
悲鳴嶼行冥、不死川実弥、宇髄天元だけがノーカラーとなっているのが分かります。

なんと正面を向いている6人の柱が死亡する事を予告しているのでは……?と言われています。

【45話のあらすじ】

45話のタイトルは、『鬼殺隊柱合裁判』。
鬼殺隊士・炭治郎が妹で鬼の禰豆子を連れて戦っている事が、隊律違反に当たるとして、鬼殺隊当主であり、お館さまと呼ばれる産屋敷耀哉話の屋敷にて、柱のメンバーが集結し柱合裁判にかけられます。
遡っても、この回で柱は誰も死亡していませんし、連想される出来事も起きていません。

トレ子
有力情報発見!!

というかこの方の考察ツイートとても面白いです。

確かに、結果としてこの6人の中で生き残ったのは、富岡義勇のみ……。

しかし、後ろの3人のうち、不死川実弥と宇髄天元は生き残っていますが、悲鳴嶼行冥は死亡していますから、生死予告の伏線の可能性は低いかと思われます。

140話の扉絵も、45話同様、柱の生死を予告している伏線が貼られていると言われています。

【第200話】死亡フラグ

“想い、遺し、別れ”と書かれた右側のイラストと、左には、“受け継ぐ、人の意思”と書かれた200話の扉絵。

まるで右側の人たちが死んでしまうと言わんばかりの構成となっていますよね。

【200話あらすじ】

200話のタイトルは、『勝利の代償』。
激しく長い戦いの末、ついに鬼の始祖・鬼舞辻無惨を倒します。
歓喜に沸く鬼殺隊の面々ですが、その代償はあまりにも大きなものでした。
無惨は死に際寸前、炭治郎に想いを託し消えていったのです。
鬼になってしまった炭治郎は、どうなってしまうのか……。

無惨滅亡時に瀕死状態となっていたのは、扉絵右側に映る、『悲鳴嶼行冥』、『伊黒小巴内』、『甘露寺蜜璃』の3人です。

後に死亡しており、200話で囁かれている伏線の通りだ……とファンの間で激震が走っています。

その通りになるというと……1人……気になる人物が……。

『炭治郎も……死んでしまう……の……?』

しかし、炭治郎は後に珠世としのぶの作った薬と、禰豆子の想いによって人間に戻り、生存している為、この伏線も疑惑のまま終わっています。

【第204話】天国に飛び立つ仲間

そしてこちら、今回の本命、『204話の扉絵に隠された伏線』です。

見ただけでも涙がこみ上げる程、切なくなります(泣)

【204話のあらすじ】

204話のタイトルは、『鬼のいない世界』。
無惨との激戦から3か月後、ベッドで眠る炭治郎の周りに禰豆子、善逸、伊之助の3人が集まっています。
タイトルの通り、禰豆子も炭治郎も人間に戻り、鬼のいない世界となりました。
一瞬でも鬼となり、禰豆子や仲間を傷つけてしまった事を、悔い謝る炭治郎でしたが、責める人間はいませんでした。
それぞれが成長し、それぞれの道を歩む事となります。

こちらの扉絵の伏線として掲げられている事は、下記の204話・扉絵に隠された怖い話で詳しく解説していきます。

【鬼滅の刃 都市伝説】204話 扉絵に隠された怖い話とは?

上記で204話に隠された伏線『飛び立つ仲間』に触れましたが、この扉絵を見て、違和感のようなものを感じた方も多いのではないでしょうか?

筆者も感じた謎について怖い話が隠されているのだとか……。

204の扉絵に隠された怖い話は、こちらです。

204話の扉絵に隠された怖い話

1人だけ逆方向を向いている珠世

扉絵中央、しのぶと小巴内の間に、女性らしき人物が隠れています。

『どうして一人だけ逆向き?』と、思った方も多いはず。

そして、鬼滅のファンであれば、これが誰なのかピンと来るはずです。

顔を背ける煉獄杏寿郎と伊黒小巴内

そう。無惨の支配を逃れ、滅ばせる事に命をかけた珠世さんです。

ここで囁かれている話として、1人だけ逆方向を向き、人影に隠れるように佇んでいるのは、天国へ向かう事ができないからだと言われています。

他の柱とは違い、天国に行けないのは鬼となり、自身の子供や夫、たくさんの人々を殺してしまった事が要因なのでは……?と言われているのです。

顔を背ける煉獄杏寿郎、伊黒小巴内、珠世

一見、蜜璃と話しているように見え、何の違和感も感じない小巴内ですが、煉獄さんも顔を背けており、珠世さんも顔が隠れている事に、怖い話が潜んでいると言われています。

顔を背ける3人の共通点は、顔の負傷。

煉獄杏寿郎

無限列車下車後、上弦の参・猗窩座に左目を潰されている。

煉獄杏寿郎

無限列車下車後、上弦の参・猗窩座に左目を潰されている。

伊黒小巴内

無惨との戦いで、顔に大きな傷を負い、両目を失明。

珠世

同じく無惨戦で、目を潰され、最終的に顔全てを潰されている。

上記の共通点から、3人の顔がこちらを向いていない理由だと言われているのです。

 

死亡時の身体欠損箇所が隠されている。

更に、上記でご紹介した3人以外の人間にもある話が隠されています。

それぞれの人物の戦い時の負傷箇所が隠されているという事……。

甘露寺蜜璃

左目から左耳にかけて負傷。胸も傷を負っており、負傷箇所が隠れている。

煉獄杏寿郎

上記の顔の負傷に加えて、猗窩座の手が貫通し、負傷したみぞおちが隠されている。

胡蝶しのぶ

上弦の弐・童磨との戦いで童磨に体を吸収されている為、体が隠れている。

時透無一郎

上弦の壱・黒死牟との戦いで左腕、みぞおち、胴体を負傷し、その箇所が文字で隠されている。

不死川玄弥

同じく上弦の壱との戦いで、体がちぎれるという負傷。体全体が隠されている。

悲鳴嶼行冥

無惨戦で左足を欠損。下半身全てが隠されている。

珠世さんは、上記でご紹介した通りです。

無一郎が隠れているかな?とちょっと怪しい箇所はありますが、全員負傷箇所が隠れています。

204話の扉絵に登場している人物は、炭治郎と禰豆子以外、皆死亡してしまっています。

傷を負った部分は、映さないでおこうという鬼滅の刃作者・吾峠呼世晴先生のキャラクター達への、追悼というべき愛が込められているのかもしれません。

こちらもCHECK

「鬼滅の刃」疫病考察 鬼のモチーフは伝染病
「鬼滅の刃」疫病考察 鬼のモチーフは伝染病?鬼殺隊・お館様・鬼の設定背景を読み解く

週刊ジャンプでの連載が昨年最終回を迎え、コミック累計発行部数は1億5000万部を突破した鬼滅の刃。ストーリーの魅力も然る事ながら、炭治郎、禰豆子をはじめとする登場キャラクターの人気ぶりは未だ衰える事を ...

続きを見る

こちらもCHECK

鬼滅の刃名言
<鬼滅の刃> 炭治郎の「全集中」など名セリフ一挙紹介

6月に『劇場版 鬼滅の刃 無限列車編』のDVDの販売が決定し、アニメ第2期の放送も控えているアニメ鬼滅の刃。第1期を見ておさらいしながら心待ちにする方もいらっしゃるのではないでしょうか? 何度見てもお ...

続きを見る

【鬼滅の刃 都市伝説】まとめ

こちらの記事では、鬼滅の刃で囁かれる伏線と、204話に隠された怖い話をご紹介させていただきました。

こんなに伏線が存在する事に驚いたと共に、もしもこれが事実だったならば、吾峠先生すごすぎないか!?と白目を向いた筆者です。

伏線を考察しながら、もう一度コミックを読み返すのも新たな発見があり楽しいかと思います。

是非、参考になさってみてください。

こちらもおすすめです

-アニメ

© 2022 TREND NOTE Powered by AFFINGER5