日常生活

堀米雄斗の世界ランキングは?スケボーデッキサイズやインスタ・コーチについても調査!

堀米雄斗の世界ランキングは?スケボーデッキサイズやインスタ・コーチについても調査!

今大会で追加種目となった新競技のスケートボード。そのスケートボードで見事金メダルを獲得し、地元・東京で五輪初代王者に輝いた堀米雄斗。

「イケメン」と噂される現在注目を集めている堀米選手。

彼の世界ランキングや気になるスケボーデッキサイズ・コーチまでご紹介します。

スケボー金メダル堀米雄斗の世界ランキングは?

世界ランキングは2位だった堀米雄斗選手。今年6月の世界選手権では同1位のナイジャ・ヒューストン(米国)を破って初優勝しており、金メダルの有力候補として五輪に臨んでいたそうです。

オリンピック予選では力を温存し6位でしたが、決勝は本領を発揮して難技を連発。ライバルを上回る高得点で栄冠を手にした堀米選手。ここぞという場での力量発揮すごいです!

堀米選手の6位からの奪還劇は競技の各45秒間を2回滑る「ラン」で2・22点差の4位につけたこと。

更に逆転を目指し、1カ所を選び大技を5回繰り出す「ベストトリック」では、得意とする板の前を弾いて宙に舞う「ノーリー」を中心に難易度の高い技を狙ったこと。

3回目に9.35をマークし一気に暫定2位に。4回目に9・50、5回目に9・30と高得点をそろえ、頂点を奪ったというものすごい追い上げ!

ほんとにすごいです!

スケボー金メダル堀米雄斗のデッキサイズは?

身長170㎝の堀米選手が、使用しているデッキサイズは8インチ

トレ子
スケートボードのサイズは身長で決める人が多いですが、足のサイズで決めるのがいいそうです

8インチのデッキが使いやすい足のサイズは、26㎝~27㎝前後

7.75と小さいサイズにすると、幅が7㎜小さくなり安定感がなくなりターンがスムーズに行えなくなるため8インチを使用しているそうです。

堀米雄斗選手が使っているデッキは、April Skateboardです。

セットアップの詳細

・ボードサイズ   8インチ
・ウィール硬さ   101a
・ウィールサイズ  51㎜
・トラック高さ   ロー

スケートボードデッキを選ぶ際に重要なポイント

スケートボードデッキのサイズ (幅)
デザイン
素材
この中でも、一番重要なのがスケートボードデッキのサイズ (幅)です。そして、スケートボードのサイズは身長ではなく足のサイズで決めるべし!!

スケートボードデッキの上に乗せるのは足だからこそ、そのサイズが重要とのことです

スケボー金メダル堀米雄斗のコーチは?

堀米雄斗選手のコーチは、早川大輔さんという方です。

早川大輔さんは、堀米雄斗選手の父親の友達という関係だそうです。

堀米雄斗選手の父親である堀米亮太さんは、コーチ早川大輔さんとは15歳からの付き合いでした。

堀米選手が15歳の頃、父親の亮太さんからコーチになってくれるかとお願いされたそうです。

それまで教えていたのは自身もスケーターである父親の堀米亮太さん。お父さんの影響もあり6歳の頃より地元の小松川公園で練習をはじめたそうです。

お父さんがスケボーを教えるうえで最も重視していることは「楽しむ」ということだったそう。

これは東京五輪の目標を訪ねれた際にも

「僕がいかにスケートボードが好きで、楽しく自由に滑っているかを、みなさんに感じてほしい」

と語っていたように、「楽しむ」ということが浸透していました。

だからこそ、高得点をたたき出す技がどんどん進化していくという、その都度自分を越えなくてはならないスケートボードの世界で、トップをとることができた要因になったのですね。

堀米雄斗が持つすごい素質とは?

「運動神経は並。でも、ほかに凄いものを持っている。世界でこんなヤツは10年、いや30年にひとりかもしれない」と語る早川コーチ。

トレ子
運動神経が並みでも世界を目指せる素質気になる…!

すごい素質

一つめは、集中力

難度の高い技は一つ体得するのに数カ月かかることもあるスケートボードの技。そんな長期間でも練習で集中力を切らさないそうです。

早川コーチは「他の子が集中できなくなって雑談を始めても、雄斗はやめない。できるまで、何らかの手ごたえを感じられるまで続ける。技をものにする瞬間を感じ取って、微調整しながらやり続ける」と語っていたそうです。

すごい素質

二つめは、負けず嫌いなところ

遠征の合間に興じるカードゲームやビデオゲームは自分が勝つまでやっていたそうです。

すごい素質

三つめは、勝者のメンタルに重要な「したたかさ」

あるコンテストの決勝前のウォーミングアップでは、大技を練習するライバルのそばで、堀米さんはさらに難しい技をやり始めたそうです。それを見た選手はこのままでは優勝できないと感じ、本番は無理をして失敗する。相手の心理を揺さぶるという「したたかな」心理作戦とメンタルの強さをもっているそう。

オリンピックという大舞台でも予選では6位、と力を温存しながら、確実に順位をあげていった経過を見ると、ものすごく頭を使った心理戦を繰り広げていたのかもしれません…!

スケボー金メダル堀米雄斗のインスタは?

堀米選手のインスタはこちら

 

この投稿をInstagramで見る

 

堀米雄斗😈(@yutohorigome)がシェアした投稿

インスグラムのフォロワーは27日時点で120万人。アッと言う間にMLBの大谷翔平(106・9万人)越え!!すごすぎる…!!

普段の練習の様子や日常生活もかっこいいです…!

 

この投稿をInstagramで見る

 

堀米雄斗😈(@yutohorigome)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

堀米雄斗😈(@yutohorigome)がシェアした投稿

是非チェックしてみてください!

他の記事

-日常生活

© 2022 TREND NOTE Powered by AFFINGER5